FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_08
13
(Sat)14:47

お盆ですね

Category: 田舎ゴト
私の実家では、昨日8月12日がお墓参りの日でした。

実家は15分も歩けば着く近さなので、特にお盆だからどうした、と
いうこともないのです。

ダンナの両親のお墓も市内のお寺なので、時間もかからず~

今回はいーはとーぶ地方のお盆をご紹介します。









この盆と正月に嫌なのが、買い物先が激混みになること

昨日も近くの産直に仏壇とお墓用のお花を買いに行ったら、もう

そして、盆と正月はアッシーと荷物運びのために買い物の役に立たない
お父さん、じいさん連中が店内をうろうろ…

奥さんに会計を頼まれれば列に割り込むこともざら。

昨日のお花の会計に並んでいる時も後方で割り込んだの割り込まないの口ゲンカ発生

そういう私も前日、スーパーの酒売り場でおっさんに割り込まれ「並んでください!」と
マジギレしましたよ。

売り場の通路にボーーーーーッと立っているお父さんたち!邪魔なんです。


お盆の風習も、今は簡略化されてなんだか味気ないですね。

お墓参りの時にお煮しめやお赤飯、果物、お菓子を持って行くのは
変わらないけど、昔はお墓にそのままお供えしていたんですよね。

うちのあたりだと、ハスの葉にお供えの食べ物をのせたものでした。

あと、墓石に長い昆布を垂らすの。

これ、何の意味だったんだろう?
昆布を伝って、墓石の下からご先祖様が登ってくるように?それはホラーじゃ

今ではお供え物の置きっぱなしが禁止されているため、折り箱に詰めて持っていくし
昆布もいつのまにか消えた。

変わらないのはお墓の前でお供え物を皆でつまむことかな。

隣が本家のお墓なので、お互いに「食べでや、食べでや~」

そして心の中で「お煮しめは本家よりうちのほうがおいしい」とか思いつつ食べるわけです

余談だけど、うちのあたりは本家は「おや」、分家を「かまど」と言います。

私の実家は「かまど」。

だから呼ばれるときは、「かまどの○○ちゃん」と「おや」の人たちに呼ばれるのだ。

お墓参りから帰れば、実家の隣の本家に集合して帰省した親戚一同で宴会

そして毎年毎年、同じ思い出話を目上の人たちから聞かされるのである

それをあしらうのが上手くなったってことは、自分も年を取ったってことだよね(笑)

ここらあたりの迎え火は、松の木(というより松の根っこ)を燃やします。

県北では白樺の皮を燃やすところもあるらしいです。
地方地方で全然違いますよね。









今年、こうやって去年と変わらずにお盆を迎えられることは幸せです。
昨夜フジテレビ系列で放送された『わ・す・れ・な・い~東日本大震災155日の記録~』
を見ましたか?
停電のためラジオからの情報だけで知らずにいて今回初めて知ることもあったし、改めて振り返ってみて
胸が痛くなりました。
布団にくるまれた、たくさんのご遺体。
原発の立ち入り禁止区域の映像で、道路に命尽きて横たわる猫。
娘がショックで泣き出してしまったので、そこで見るのを止めたけど…

いつもいつも思います。
どうってことのない日々が一番幸せなんですよね。

2011080807020001.jpg

2011081211120001.jpg

NEC_0065.jpg










スポンサーサイト
«PREV  Home  NEXT»

コメント

flower No title

kamanecoちゃん こんあいば!
岩手のお盆の様子、興味深く読ませてもらいました。

私のところもすいぶん簡略化されて,風情がなくなったとも思うし、嫁は楽になったとも思う・・・微妙。
うちはいわゆる本家なので、結婚当初は盆と正月が恐怖だったなぁ。
総勢30人とかが延々宴会やってた感じで。
ここ数年はすっかり世代交代と共にあっさりしてきました。

たしかに休み中のスーパーは邪魔が多い!
男性が所在無く通路を塞ぎ、子供がジグザグに走ってくるもんね。

その番組は見ていないのだけど、想像するだけで胸が苦しくなります。
まだ所在のわからない方々もたくさんいて、日々は過ぎていってしまう・・・・。
普通の毎日がどんなに幸せか。

にゃんこ達の写真ありがとう、癒されるねぇ。
生き物のちからってすごいね。
「息を吸って吐いて生きてる」
ほんとにそれだけで素晴らしいんだ・・・・やっぱり和也すごいね(そこ?)

2011/08/15 (Mon) 21:33 | モモ #- | URL | 編集 | 返信
flower Re: No title

モモちゃん、こんにちは!

お盆の風習もちょっと隣の地域に行っただけで全く違ったりして
話を聞くとおもしろいよね~
簡略化されて嫁の立場としては楽になってうれしい反面、昔ながらの風習が
どんどんなくなって寂しいところもあり。
親戚も世代交代して、人付き合いが薄くなってきてるし。
楽になったと喜んでいるだけなのも、いけないのかな~と複雑だね。

5ヵ月経ってもああいう番組を見ると、また思い出して切ないよ。
復興していっている様で、事態が悪くなっていることもあったり…
報道を見て毎日凹んでいるけど、そうだよ!「息を吸って吐いて生きてる」者が
へこたれていちゃいけないよね。
今更ながら、和也のすごさを感じる(やっぱそこだよ)笑



2011/08/16 (Tue) 15:58 | kamaneco #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

パスワードを入れておくと後で編集できます

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。