FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_09
28
(Wed)23:30

行ってきました。陸前高田。

Category: 震災関連
25日の日曜日、陸前高田から大船渡、釜石を回ってきました。

現地でのボランティアの機会に、タイミングが合わず今まで来てしまいました。

子どもの頃から見慣れた風景がどのようになってしまったのか。

まず、それを確認してこよう…と思って。

何回かに分けてUPしていこうと思います。



花巻からは国道283号線を走り、遠野市宮守町鱒沢で右折して国道107号線を進みます。

途中、遠野市小友町の「産直ともちゃん」で休憩。

いつも陸前高田や大船渡に行くときは必ず寄る場所です。

ここまで来る道すがら、道路脇に「支援ありがとう」などの立て看板がいっぱい。

付近の住民の方や、小中学生が立てているようです。

陸前高田に行くには住田町世田米で右折し、国道340号線を進みます。

陸前高田に入っても横田町のあたりは…いつもと変わらなかった。

道路沿いにテレビでよく見る「陸前高田市災害ボランティアセンター」がありました。

道路右側はいつも見る澄んだ気仙川が流れてる。


でも、竹駒町に入った途端、景色が一変した。

柱だけでかろうじて屋根を支えているお寺が眼に入ってきました。

海から離れた竹駒町まで津波が来たというのは、震災直後は理解できなかった。

普段と同じように流れている、この気仙川を遡って、本当にこんな山側まで来たんだ。

何年か前に出来たバイバスの上り坂へ差し掛かると、右側に市役所仮庁舎がありました。

そして…バイバスを下ると、見慣れた町並みがない。

道路脇にあった「酔仙酒造」がない。

あの看板をみると「陸前高田に着いた」と思えたのに。

CIMG0175.jpg

道路左側、坂道の下に桜の木があります。ここが「酔仙酒造」の看板があったあたり。

その向こう、川が流れているでしょう。気仙川です。

この川を津波が遡り、回り込んで、山側の竹駒町まで被害があったのです。

CIMG0177.jpg

CIMG0178.jpg

CIMG0179.jpg

CIMG0180.jpg

岩手県立高田病院です。4階まで津波が来ました。

新聞で見た方もいるでしょう。その時の様子です。→ こちら

4月、5月頃に来た人から「陸前高田市内に入ると建物がすっかりなくなって、方角が分からなくなる」と
聞いていたけど、その頃よりもさらにガレキ撤去が進んだせいか、標識も出ているし迷うことはなかった。

いつもと同じように、高田松原西の十字路交差点にでた。

右方向に、あの「一本松」が見えました。

CIMG0185.jpg

高田松原の入り口にあった「県立高田松原野外活動センター」だと思う。

CIMG0187.jpg

海水浴の帰り、いつも寄ってお土産を買ったり、「神田葡萄園」のぶどうソフトを食べたりした
「道の駅 高田松原」

CIMG0190.jpg

国道45号線の海側、本来なら高田松原があったところはすっかり水没して
道路ギリギリまで海になっていました。

CIMG0194.jpg

CIMG0193.jpg

CIMG0195.jpg

他県からの応援の警察車両があちこちにいます。

CIMG0192.jpg

国道45号線から市内を望む。スーパーマイヤと陸前高田市役所。

CIMG0189.jpg

岩手県立高田高校が見えます。

CIMG0197.jpg

ここらへん、去年の夏に海水浴に来た時に寄ったローソンがあったはず。

CIMG0199.jpg

CIMG0200.jpg

我が家で毎年高田松原に来ると、この雇用促進住宅がある十字路交差点で右折して…

CIMG0209.jpg

ここにあった道路を通って…

CIMG0208.jpg

高田松原第一球場の隣にある市営駐車場に車を止めていたんです。

CIMG0202.jpg

左側の照明の下に白っぽく見えるコンクリートの建物。あれね、堤防をくぐった向こう側にあったトイレだ。

その右側に少し黒っぽく見えるのが、壊れた堤防。とても高い堤防だったのに。

CIMG0204.jpg

CIMG0206.jpg


一度入ったことのある「海と貝のミュージアム」。少し離れて見ていると、綺麗に残っているように見えるが。

CIMG0205.jpg


高田松原は小学校の時、地区子ども会の夏休み行事で毎年来ていました。

かろうじて足が着くところまで泳いでいって、足で砂をまさぐるの。

そうすると、ハマグリがおもしろいくらい取れたものでした。本当は取っちゃいけないんだけど。

中学になると、やっぱり地区の行事で毎年ここでキャンプをしました。

中学1年の初めてのキャンプの時に、夜、砂浜に出たらとても綺麗な月がのぼっていて
海面にうつっていたんです。

内陸育ちの私達には始めてみる光景で、みんな「すごいね」と言ったきり長い時間眺めたのを憶えてる。

そのころは立派な野外活動センターなんてなかったから、簡単なキャンプ場だったと思う。

松林の中にテントを張るのに苦労したっけ。


高校卒業して車の免許を取って、初めての長距離ドライブして来たのも高田松原だった。

成人してからも友達みんなして、12月31日に紅白が終わる頃に家を出て平泉の中尊寺で
初詣をして、高田松原に初日の出を見に来たりもした。

陸前高田は「岩手の湘南」と言われるくらいに穏やかな気候のところで、雪も滅多に降らない。


娘っこを海水浴に連れてくるようになって、砂浜にいる姿や泳いでいる姿は写真に写しているけど
どうして、ちょっと後を振り返って、あの松原を写していなかったのか。

すごく悔やまれる。

写真のデータを探して、高田松原の海岸を写しているのはこの程度しかなかった。

去年の8月の高田松原の海。

DSCN2367.jpg

DSCN2368.jpg

DSCN2369.jpg



高田松原を後にして、陸前高田でもう一つ大好きな場所に向かいました。

最初、私は途中の広田町の被害も酷かったから道路状況が良くないかと思い言い出さなかったのだけど
ダンナが「せっかくここまで来たし、無事な様子を見たい」と言ってくれたので。

広田半島の先端にある「黒崎仙峡」という景勝地です。

津波被害を受けていない、前のままの場所もあります。

次回のエントリーでその様子をお伝えします。



スポンサーサイト

コメント

flower ありがとう!!!

はじめまして!いつも「Nお」と「姉」がお世話になってまぁ~す(o^v^o)

いつも拝見させて頂いて、心が熱くなっていました。
やっと、コメントのやり方がわかりました (:^_^A
そうですね!私も子供の頃から、海と言えば高田松原・・・。あの風景が、今はないのかと思うと目頭が熱くなりました。。。とてもわかりやすく載せてて、ありがとうございます!!!

私も子供達の記憶に残してあげたいと思います。そして、津波の恐ろしさを代々受け継いでいかなくては!と思いました。
kamanecoさんのやさしさが、とても伝わりました。ありがとうございました!!!

2011/09/29 (Thu) 09:50 | Y子 #CGTWEa5s | URL | 編集 | 返信
flower Re: ありがとう!!!

おおおお~Y子さん、やっと登場ですね!
お待ちしておりましたヾ(^▽^ヾ)

そうでしょ!Y子さんも子どもの頃から高田松原って親しみがあったでしょ。
子ども連れでも安心して海水浴の出来る海岸でしたよね。
陸前高田の復興プロジェクトでは松原の再生があったけど、あれほど素晴らしい
松林になるのは何十年、何百年後なんでしょうね。
私達はもう見られないと思うと、なんで写真に撮っておかなかったんだろうって
今頃悔やんでます(>_<)

娘達が大きくなっても、ふるさとで起こったことをきちんと憶えていて
ほしいですね。
お転婆Nおちゃんも、憶えててねp(*^-^*)q

2011/09/29 (Thu) 21:01 | kamaneco #- | URL | 編集 | 返信
flower 今日は不完全燃焼(T_T)

話出来なくて残念だったけど、我が子に向き合えたからヨシ!としようと思う(/_・、)


ともちゃんで途中休憩はマストだよねヽ(^^)パンが旨い(≧∀≦)
毎年、夏は実家の皆と一緒に釣り三昧…毎週のように内陸から通って、「今年は つよポンも一緒だね♪」が合い言葉のようになってたけど(T_T)

私も足を運んだけど…言葉が出ないよね(/_・、)あの!松林は永遠にあの場所に!!って信じて疑わなかった(--;)悔しさをどこにも向けられないよね…内陸の人間が感じる以上に地元の方々の心の痛みは計り知れず。


医師会の雑誌で高田病院のドクターが震災当日に屋上から一眼で連写で撮影したという写真が載っててさ…地平線上遠くに黒い筋「!?」って感じに見えた一分後にはもう足元に漆黒の波Σ( ̄□ ̄)!身体が震えたよ(x_x;)

神はどうしてこんな惨い試練を!?って(/_・、)

2011/09/29 (Thu) 22:30 | MICO #- | URL | 編集 | 返信
flower Re: 今日は不完全燃焼(T_T)

MICOちゃん、こんばんは~
今日は別室に引きこもっていたもんね。

ともちゃんのパンは旨いよね~
このあいだ買ったビーフシチューパン、うまかったよ!

高田松原は陸前高田の方々が大事に大事に保存してきた景勝地だったものね。
内陸の私達でさえ、このくらい思い入れが強い場所なのに。
自分のふるさとの自慢が無くなってしまうって、信じられないし、それを
奪ったのももうひとつの自慢の海なんだからやりきれない思いでいっぱいに
なるよね。

高田病院に迫ってくる津波の写真は、初めて見たときには私も震えたよ。
あの衛星電話を守って亡くなった事務長さんの話や、4階に入院していた
津波研究家の方が副院長に津波の写真を撮らせた話…
高田病院は地域の人のために、また立派な病院を再建して欲しいよね。
だからがんばれ!達曽知事←そこかな?でも、そこだよね。

2011/09/29 (Thu) 23:53 | kamaneco #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

パスワードを入れておくと後で編集できます

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。