FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_10
05
(Wed)18:33

行ってきました。三陸町吉浜から釜石。

Category: 震災関連
アワビで有名な三陸町吉浜。

中国料理の高級食材として珍重される干しアワビ(乾鮑)のキッピンアワビとは
ここ吉浜(よしはま)で獲れるアワビのこと。

なんでも江戸時代から中国に輸出されていて、今でもほとんど中国に輸出されキロあたり10万円の
高値がつく代物です。

なので目にしたことがありません(笑)


ここの海水浴場もこじんまりとした穴場で大好きでした。

震災後、ニュースや新聞で知ったのですが、ここ吉浜地区は明治三陸津波(1896年)の被害を
期に集落の高台移転を進めて、昭和三陸津波(1933年)、チリ地震津波(1960年)には
格段に被害が小さくなった地域。

今回の震災での人的被害は1名、家屋の被害は2、3棟にとどまったそうです。

吉浜の海水浴場へ向かう途中の三陸鉄道南リアス線。

CIMG0281.jpg

3月のあの日以来、列車が通ることはありません。

CIMG0282.jpg

CIMG0283.jpg




被害家屋の1棟は海岸すぐにあった民宿「きっぴん」

吉浜に泳ぎに行くとかならず着替え、シャワーに利用させてもらっていました。

営業していた頃の写真があったのでお借りしました。

PIC00055.jpg

あったはずの場所…

CIMG0286.jpg

ガードレールの向こうにあったのだけど。

きれいな海岸も、松林も、堤防も何もかも無くなっていました。

CIMG0284.jpg

CIMG0285.jpg

吉浜湾の向こう側、杉が赤くなっているところが見えました。波をかぶったのでしょう。

その上の斜面では、先日の台風の影響?土砂崩れの跡が見えます。

CIMG0287.jpg


民宿きっぴんのあった横の崩れた堤防のところで、釣竿を持った若い男性が2人「銀鮭が上ってきている!」と
騒いでいました。

あれ?鮭って素人が獲っていいんだけっけ??

疑問に思いながら、鮭は忘れずに帰ってきてくれているんだね、とうれしい気持ちに。


吉浜を後にして、釜石に向かいます。

CIMG0289.jpg



三陸の海沿いの主要道路、国道45号線を走っていると地震の復旧工事があちこちでされています。

走っていて、いきなり「こんな山の中に仮設住宅が!?」という光景にも出会います。

よくニュースや新聞で「仮設住宅は不便だ」と目にするけど、本当に買い物なんかどうするんだろう?と
思うような場所にあったり…

高台で平地が少ない土地柄、仕方がないのだろうけど、車のない人は大変なことだと思う。


釜石の街中に入って…陸前高田とは違うショック。

よく、陸前高田の街は津波に「持って行かれて」無くなったと表現されるけど、釜石は
商店街などが津波で破壊されたまま残っています。

CIMG0290.jpg

CIMG0293.jpg

CIMG0294.jpg



十字路を曲がったら、テレビでよく見るあの船が目の前に…

CIMG0292.jpg

CIMG0296.jpg

パナマ船籍の「アジア・シンフォニー」、今月中にはクレーン船で吊り上げられ海に戻される見通しだそうです。

足場を組む工事が進められていました。

撤去作業の状況を検索していたら、産経ニュースの「パノラマ写真館」というのが凄い迫力でビックリ
してしまいました → パノラマ写真館


船を見ていて時に、どこからかバグパイプの音色で「アメイジング・グレイス」が
聞こえてきて「時報のオルゴール?そんな訳無いか?」と不思議に思いながら
船の反対側を見に行ったら、すぐ横の更地になった場所で男性が演奏していたんです。

慰霊のためなんでしょうか。

CIMG0295.jpg



また、市内を抜けて帰り道へ。

CIMG0298.jpg






釜石にはダンナ側の伯母さんがいますが、家は山側なので無事でした。


ただ、最近知ってショックだったことが。

釜石に「和手ぬぐいのみせ ありすや」というご夫婦で切り盛りしているお店がありました。

実店舗には伺ったことは無いけれど、友人が5年前に結婚するときのお祝いに
オーダー絵手ぬぐいを贈ろうと思い、何度かメールをやり取りさせていただきました。

結局、別の物を贈ったのですが、とても感じの良いお店だと思って、次には自分用のものを
購入しようと考えていたのですが、日頃のことにかまけて後回しになってしまいました。

そして3月11日が…

お店は津波被害を受けた地域。

電気が復旧してから、お店のHPを見ると最後の更新日が3月11日になっていました。

7月に入ってからだったか…もう一度HPを見ると閉店の挨拶が出ていました。

ご夫婦の様子が分からなかったけど、ご無事だと思っていたのですが…

最近になって奥様が亡くなられていたと知りました。

奥様は花巻の出身でした。

実際、お会いしたことは無くても、一度でも縁があった方が亡くなられていたのはショックでした。

ご冥福をお祈りいたします。





今回は沿岸南部を回りましたが、どうしても自分の目で確認したいところがもう一箇所、大槌町です。

ボランティアも問い合わせしながら、機会があれば思い出の場所を確かめたい。


スポンサーサイト

コメント

flower 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/07 (Fri) 22:16 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

パスワードを入れておくと後で編集できます

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。