FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_10
29
(Sat)18:07

FM岩手10月29日特番レポ②

Category: 嵐ゴト
新コーナーで、みなさんの思い出が嵐の曲とどんな風に繋がっているのか楽しみです。

そして、その曲にまつわる裏話。

どんな話なのかな~


二宮くん「お送りしたのは、嵐の新曲でございます。『迷宮ラブソング』でした。
     さてですね、皆さまからたくさんのメッセージやリクエストいただいております。
     ありがとうございます。そのなかでですね、苦しい時、勇気付けて欲しい時に嵐の曲に
     励まされたと書いてくださる方が多かったんですよね」

大野くん「はい」
二宮くん「と言うことでですね、嵐の曲が皆さんの人生のどんなシーンで流れていたのか、もっと
     知りたいということでこのコーナーにまいりましょう」

大野くん「嵐と曲と あ・な・た 」(エコー)
二宮くん「んふふふふふふふふ」
大野くん「よくあるよね。こういう言い方ね」
二宮くん「うん、素晴らしい」
大野くん「こういうの好きなの」
二宮くん「これはどういうことなんですか?先生」
大野くん「これはですね。嵐のある1曲にまつわる、あなたの人生の物語を聞かせてください、ということでね」
二宮くん「なるほど、なるほど」
大野くん「今回の曲。こちらです!」

A・RA・SHI ♪

大野くん「A・RA・SHI!!」
二宮くん「なるほど。我々のスタートの曲ですよね。じゃあ、エピソード、先生のほうから
     選んでもらっていいですか」

大野くん「はい。ラジオネーム 嵐LOVEさん から。
     私は嵐ファンになったばっかの時に、よく『A・RA・SHI』を聴いていました。
     でもその時に、サビの『A・RA・SHI、A・RA・SHI、for dream』の
     for dreamの部分が何と言っているのか分からなくて、私は
     『A・RA・SHI、A・RA・SHI、なんとか~♪』と歌ってました。
     なのでお父さんも『A・RA・SHI、A・RA・SHI、なんとか~♪』と
     歌って憶えてしまいました。ちなみにお父さんは今でもそう言っています。

     これ、歌詞カードは見なかったのかな?」

二宮くん「そうですねよ~、そうなってきますよね。決して我々ね、誰も留学とかしてないから
     英語の発音が格別いいわけでもないんですけど。発音があんま良くなくて分かんなかった
     のかもしれない」

大野くん「最後の分かんない人、結構いるよね」
二宮くん「いますね。みんな持ってなくても、あの当時ワールドカップで毎日のように流して
     もらってたじゃないですか、A・RA・SHIの曲。それで聞いて何となく憶えちゃった人が
     凄いいるでしょう」

大野くん「とんねるずのタカさんも言えない」
二宮くん「言えないね。ずっと言えない」
大野くん「オ~、イェ~イ♪みたいな」
二宮くん「ずーっと、オ~、イェ~イ♪だよね。そういうことあるんだって」
大野くん「でも、もうそれが正解になってるんだろうね。自分の中でね」
二宮くん「もうそうでしょうね。それで憶えちゃったから。今更、for dream持ってこられてもって
     お父さんも多分思ってるんだろうね。なるほどね、こういうエピソードもあるわけだ」

大野くん「おもしろいね」
二宮くん「続いて私は エリさん からいただきました。
     嵐の皆さん、こんにちは」

大野くん「こんにちは」
二宮くん「私は盛岡に住んでおる19歳の学生でございます。早速ですが、嵐と曲とあなたのコーナーに
     投稿します。私が嵐の『A・RA・SHI』と出会ったのはクリスマスでした。
     1999年、私がまだ小学校1年生だった時、CDプレーヤーが欲しくてサンタさんに
     頼んでました。クリスマス当日、希望通りのCDプレーヤーと1枚のCDがプレゼントとして
     ありました。そのCDが嵐の『A・RA・SHI』でした」

大野くん「おお、凄いな」
二宮くん「私はそこで初めて嵐というグループの存在を知りました。あの時、サンタさんがCDを
     プレゼントとしてくれなければ、私は嵐さんと出会ってなかったのかもしれません。
     サンタさん、ありがとう!!」

大野くん「いいね!」
二宮くん「いいね~。いや~何もらいました?」
大野くん「サンタさん?」
二宮くん「小学校1年生の時、何もらいました?CDプレーヤーとかあったのかな」
大野くん「いや、もらってないね。俺、靴下もらったね」
二宮くん「サンタさんに、靴下もらったんですか?」
大野くん「はい」
二宮くん「サンタさんで、よく見る絵面ですよ。ベッドの頭のトコに靴下引っ掛けてるじゃないですか」
大野くん「はい、そうそうそう」
二宮くん「その靴下の中に、靴下入ってたんですか?」
大野くん「いや、靴下」
二宮くん「何足もらったんですか?」
大野くん「1足」
二宮くん「欲しいって言ってた靴下でした?」
大野くん「とかではない。サンタさんのマークか、なんか、入ってる…」
二宮くん「プッ…はぁ…」
大野くん「を、もらいました」
二宮くん「うわ~…どうします?この曲について裏話があったら」
大野くん「結構言ってるけど、俺まず、ラップやる?メロディやる?って言われたの」
二宮くん「ラップやる?メロディやる?」
大野くん「どっちやりたいって」
二宮くん「ああ。選択されたんですね」
大野くん「俺そこで、メロディって言ったの。ラップやったことないから。
     俺、でもこの曲のラップ録ってるからね、1回」
←えっ!聞きたい!
二宮くん「俺も録ってるよ」←!?
大野くん「みんなあるんだよ、一応」
二宮くん「あるある。絶対ある」
大野くん「聞きたいね、1回。スゲーへたくそだと思うよ、俺」
二宮くん「先生、もう本当に一定なんでしょうね」
大野くん「そう。俺、ラップって、なんであんな出来ないんだろう。みんな、うまいじゃん。なんか」
二宮くん「聞いてないのかな」
大野くん「俺、ホント、ダメなんだよ」
二宮くん「じゃあ何、聞いてるんですか?普段、音楽」
大野くん「洋楽ばっか」
二宮くん「洋楽聞くじゃん。そこにさ、縦割り要素はいっぱいあるわけじゃん」
大野くん「あるけど。こう…お経みたいになっちゃうんだよ」
二宮くん「そうなんだよね。ずっと一定だもんね」
大野くん「一定なの。翔くんみたいに、いい感じのあれが、やりたいんだけどさ」
二宮くん「抑揚ね、つけたいんでしょう」
大野くん「あれ、かっこいいよね!」
二宮くん「かっこいい。だって、翔ちゃんだって洋楽聞いてるはずだよ」
大野くん「うん…」
二宮くん「じゃあ、ちょっとみなさんからエピソードすごくたくさんいただきましたので感謝とともに
     次回の曲をですね、発表していただきたいなと」

大野くん「はい。嵐と曲とあなた、次回はですね、この曲です。時代」

時代 ~♪



おーちゃんでも音楽で苦手なことってあるんだ~

私は初めて知りましたよ。

短いフレーズだと気にならないけど。

おーちゃんのお経ラップ、聞いてみたいな。

続きます



スポンサーサイト

コメント

flower こんばんは~!!!

kamaneco さん、こんばんは~~!!!
またまた3週間たっちゃったんですね~~~。。早いっ!!!
ラジオレポありがとうございます。大変な文字おこし・・・感謝感謝です。
今回は大宮コンビで、智くんの声がいっぱい聞けて嬉しい~~~。。。

靴下イン靴下も笑ったし、・・・

A・RA・SHIのお経ラップ~???聞きた~~~い。。。(笑)

智くんのラップ・・・一定になっちゃうんだ。抑揚つけずに・・・。
うふふ。でも、Re(mark)ableとかCOOL&SOUL・・・かっこよく言ってるよね。

時代♪かかったんだ~。。。いいなあ~聞きたい~~~!

kamanecoさん・・・
いつも幸せのお裾分け、ありがとう~~~!!!

2011/10/30 (Sun) 00:54 | すまいる #- | URL | 編集 | 返信
flower Re: こんばんは~!!!

すまいるさん、こんばんは♪

今回は大宮コンビなので青色が多いですよ~
ちなみにニノちゃん、ずっと「先生」と呼んでましたね。
宮城・福島でも「先生」設定だったようで(笑)

お経ラップ、聞いてみたいよね!
今までの曲で、難なくこなしていると思っていたけど。
翔ちゃん以外4人のラップのA・RA・SHI、それぞれどんな
感じなんでしょ。
貴重な音源ですよね!

すまいるさん、いつもコメントありがとう~ヾ(=´・∀・`=)

2011/10/30 (Sun) 18:20 | kamaneco #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

パスワードを入れておくと後で編集できます

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。