FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_02
26
(Sun)15:33

夢の時間

Category: 嵐ゴト
22日の番組協力、無事に娘と行って参りました。

行って初めて番組の内容と放送日が分かった有様です。

内容については放送前は他言無用で!!と何度も、何度も関係者から念を
押されましたので、放送後に。

憶えてるかな~(汗)脳内HDDの容量が小さいから。

ライブの様子は3月7日を見ていただければ

今回は会場に着くまでの様子、終了後の様子などをちょっとご報告します。








本当に今回の番組協力はミステリーツアーでした。

私に来た当選メールに記されていた集合場所は、なんと陸前高田市役所。

午後1時15分に時間厳守で集合。

そのあとバスで収録場所に移動する。

収録場所は公開できない。

応援グッズはペンライトのみ。

えっ!ペンラ持参ということは歌を歌ってくれるんだ。

すっかり3月11日放送の番組という情報を鵜呑みしていたので、震災関連だから

歌うといっても「果てない空」と「ふるさと」かな?

でも「ふるさと」はNHK以外で歌っていいのかな??とか、もうグルグル考えっぱなし。

番組内容がさっぱり分からないので、どんなことになるのか、不安で不安で胃が痛くなる始末。

集合場所も「陸前高田市役所」と言われても、果たして現在の仮庁舎のほうでいいのか?

まさか、被災した市役所じゃないよね??

これはがんばってファミクラに何度も何度も電話して「仮庁舎のほうです」と確認。

もうずっと吐き気がしてましたよ。

ちょうど職場でインフルエンザになる人も出始めたので「どうしよう!!当日に発熱したら!!」と

気が気でありませんでした

22日の朝は気持ちいい快晴。

岩手県は内陸から沿岸に行くには絶対に峠越えをしなければならず、大体3時間は見なくちゃいけません。

早めの9時頃に出発。

途中、地震の復旧工事があちこちであったけど、意外とスムーズに陸前高田に到着しました。

集合場所の市役所の手前にあるスーパーの仮設店舗でおにぎりとパンで昼食をとり、今回ツイッター繋がりで

車を止めさせていただくお宅に到着。

そのお宅から市役所の仮庁舎までは歩いて3分ほど、1時間近く早かったけど気がせくので市役所に

行くとすでにそれらしき人たちがチラホラ…

もしかして、私が最年長だったらどうしようと思っていたけど、あ、大丈夫そう(笑)

しばらく待っていると観光バスが2台到着。

イベント会社の係の方がそれぞれ1名つかれていて、当選番号により1号車、2号車の割り振りがあり

当選番号の確認と会員証で簡単な本人確認。

普通の番協の時にはもっと厳しいんですよね、きっと。

今回の番協ツアー(笑)には、岩手県からは大船渡市からも1台バスが出ました。

乗り込む時に一人ひとりにサンドイッチとジュースが配られてびっくり。

当選メールに「お弁当とお茶がでます」とあったけど、帰り道だけと思っていたから。

全員がバスに乗り込んで、出発の際にイベント会社のお姉さんから「収録場所は着いてからのお楽しみ

です。ツイッターなどで場所を知らせるのは絶対にしないで」と釘をさされました。

そうだよね。場所が漏れたら大変なことになるもの。

そんな説明を受けて陸前高田を午後1時30分頃に出発。

久しぶりに見る陸前高田市内。

前に来た時には潰れた車が山になっていたのが無くなっていました。

でも、瓦礫の山は全然変わっていない。さらに高く増えた気がする。

国道340号線を右折して、一本松を左手に見ながら国道45号線を気仙沼方面へ進みます。

近くの席の方が「一本松、初めて見た」とつぶやいていました。

国道45号線は海沿いを走る国道です。

陸前高田から10分も走ると宮城県気仙沼市唐桑町、ここもよく遊びに来ていた町。

気仙沼バイパスを過ぎるとまた海沿いを走ります。

ずっと、ずっと、ずっと、津波で破壊された景色。

橋脚だけ残された気仙沼線。壊れた堤防。打ち上げられたままの船。

でも、この日はとても天気が良くて、海がきれいだった。

気仙沼市のお隣、南三陸町も通過。

南三陸町の志津川に入った時に、驚きました。

他の地域より瓦礫撤去が進んでいない?

進行方向の右手に、あのテレビで見る防災庁舎の骨組みが見えて、高台には志津川が津波に飲み込まれていく

映像が撮られた志津川高校が見えて。

バスの中も重苦しい空気で、皆さんほとんど無言…

しばらく行った「道の駅 津山」でトイレ休憩。この時点で午後3時半頃。

気仙沼市内で少し渋滞にあったので、少し遅れ気味とのことですぐに出発。近くの桃生津山ICから

三陸道を石巻方面へ。

石巻市通過、東松島市通過、松島町通過…一体、どこに行くの!?

メールで嵐友さんたちとやり取りしているうちに、ツイッターで「七ヶ浜国際村に嵐がいた」と流れた

とメールが入って、七ヶ浜町??と塩釜の隣??もう、どこに連れて行かれるんだか!

午後4時半頃、利府塩釜ICで降りて塩釜市内方面へ…七ヶ浜町に入った!

収録場所は「七ヶ浜国際村」でした。

駐車場に着いた時にはもう午後5時過ぎ、私達のバスが最後でした。合計で8台くらいかな。

しばらくバスの中で待機していると、イベント会社の方から今後の流れの説明、収録番組の説明、

注意事項の説明があり、次にファミリークラブの方(お名前失念!50代くらいのバリバリした女性)が

いらして、収録時の注意など再度説明がありました。

その時のお話がおかしくて「皆さん、いつも豆粒のような嵐を見ていると思いますが、今日の会場は

とても小さいので実物大で嵐が見られますよ!」確かにね~豆粒ね~

バス内で入場パスを渡され、バスから降りて会場入り口に。

入場パス順に並んで、座席指定券を受け取りました。入場パスの番号で決まっていたのかな?

同じバスでも2列目!!という方がいたり、決め方は良くわからないのですが、同じバスの方は横一列の

座席でした。私と娘は14列目。後から2番目。ショボン…でも、この場所にこれただけでも十分なんだから。

しばらくして入場、本当に小さい~。

翌日の報道だと、仮設住宅の方100人をご招待とのことだったのでFC当選者は400人位だったのかな。

後の座席は午前中に嵐さんが取材に行った仮設住宅の方々で、結構ご年配。

座席についてから、スタッフの方から番組内容についての説明等あり、いよいよ始まるようです。

嵐コールが始まってだんだんとFC会員の方が立ち上がりだしたので、後のおばあさまも「あら、やっぱり

立たないとだめなのね」と

あとは、夢の時間。

ライブ中の様子は放送後にエントリーします。(忘れていなければ…なにせ、容量が)


ライブ自体は1時間ほどでした。

ライブ中に使用された風船を皆さんに1個ずつ、とスタッフの方が配ってくれて、もちろん私は黄色

娘は青色をGET!

後のおばあさまが「なんで風船の色を交換するの?」と同じ列にいたFC会員の方に聞いていました。

メンバーカラーがあって、誰が何色と説明したら白色の風船をもっていたおばあさま

「あら~じゃあ、緑と交換して!相葉くんの緑!!」

あの日、確実に相葉担が1人増えた場面を目撃しました



しばらく待っていると、スタッフさんからバスごとの規制退場が告げられ、そのあと「是非、メンバーが

皆さんのことをお見送りしたいとのことです」と!!

当選した当初は人数が少ないのかな?だったらVSの時のように握手あるのかな?と期待していたけど

いくら小さいホールとはいえ、500人もいるんだから今回は無しだろうから…と娘に話していました。

ところが、ところが!

「お見送り」と言われたから、出口に嵐さんが立ってくれて、バイバイ、としてくれるんだと思っていたら。

ステージに先ほどのファミクラの方が出てこられて「彼らがどうしても握手で皆さんをお送りしたいと

言っています」と話して、もうホール内悲鳴、悲鳴。

続けて、「今日も小さなホールなので危険防止のためステージ前に柵を立てる予定だったのですが、皆さんと

より近く接したいという彼らの要望で撤去しました。そんな彼らの気持ちを汲み取って、握手の時も長時間

話するのはやめてスムーズな退場にご協力ください」とのことでした。

一番遠くから来ているバスは4時間以上かかるとのことなので、そのバスの方々、近隣住民の方々、

そして、大船渡、陸前高田の順だったと思います。

もう並んで待っている間、口から心臓が出てきそうな状態。

VS嵐の握手を見て自分にあんなチャンスがあったら、こんなことを話そう、あんなことを話したいと

あれだけ思っていたのに

全部、ぶっ飛びました。頭、まっしろ。

握手は、潤くん→大野くん→翔くん→相葉ちゃん→ニノの順番でした。

ついたての陰から5人が見えたとき。夢じゃないのかと思いました…

テレビやDVDで見る彼らがすぐそこにいる。

5人とも笑顔で。キラキラしている。

照明もあったけど、それじゃない彼らから出ている輝きみたいなもの。

でも、とても親しみやすい笑顔で立っている。

娘が先に並んでいたのですが、娘の前に潤くんと握手した方の話したことが聞き取れなかったようで

潤くんがその方に「えっ?」と顔を近づけてきちんと話を聞いているんです。

もう、そんな様子見た辺りから胸がいっぱい、いっぱいで。

娘の順番になった時に、潤くんが明らかに緊張している娘に向かって、ちょっとかがみがちに

「楽しかった?」と聞いてくれました。

「はい」と答えるのが精一杯のような娘に、潤くんのほうから「今日は来てくれてありがとうね。気をつけて

帰るんだよ。」と話して、最後に「勉強、がんばれよ」と頭をポンポンとしてくれました。

次、わたし…

何とも言えない、とても優しい笑顔で、両手で「今日はありがとうございました」と握手してくれました。

その笑顔を見たら、もう、感極まって「ありがとうございました」と言うのが精一杯。

「がんばってください」と言ったと思う。

もう、本当に涙を堪えて「ありがとうございました」と繰り返していた私。


次のおーちゃん。ああ、なんだろう、この安心感のある笑顔。

これが彼の魅力なんだと改めて認識。

不思議と緊張感が取れて「FMラジオの特番で岩手の2回目の放送の時の一番最初に私のメールを

大野くんが読んでくれたんです」と話したら、ちょっと眼を見張って、あのふにゃふにゃ笑顔になって

「ええ!ホントに!マジで!」とテレビやラジオでよく聞く驚いたときの言い方(笑)

「今日は本当にありがとうございました」と最後に言ってくれました。


翔くん。ちょっと痩せた?物凄く真剣な表情で手を差し出してくれました。

「今日は本当に来てくれてありがとうございました」と、本当にじっと眼を見て

言ってくれるんです。

その眼を見たら、もう堪え切れなくてまた「ありがとうございました」と繰り返すのがやっと。

「いつもみんな側についています」「体に気をつけてくださいね」と言ってくれました。


相葉ちゃん。もう、笑顔の宝石箱。

前にいた娘がラジオ特番で相葉ちゃんにメールを読んでもらったことを話したようで

「えっ!うそっ!マジで!!すげー!うれしいよ!!」とテンション↑↑

続いた私も「娘のメール、読んでくれてありがとうございました」と話したら

「いや、ほんとうれしいっすよ!ありがとうございました!がんばってくださいね」

と、右手で握手、左手は方の辺りをポンポンとしてくれたんです。


そして…ニノ。

相葉ちゃんとの握手の終わり頃、ニノと娘がこっちを向いて、後のスタッフさんが

「ああ!お母さん一緒なの!お母さん、お母さん!」と連呼してる。

あとから娘に聞いたら「お母さん、ニノのこと大好きなんです」と話したら、ニノが

「お母さん?」と聞いてきたから「隣」と教えた、とのこと。

ニノが、ニノが笑顔で目の前にいる。

「今日は来てくれてありがとう」と両手を差し出して握ってくれて。

大好きな笑顔で。

もう、ダメでした。

何も言えない。

「ありがとうございます。いつも、元気をもらっています」と言うのが精一杯。

いろいろニノから話しかけてくれたんだけど、あたまが真っ白になってうなづいて

「ありがとう」を繰り返していただけの私…

「気をつけて帰ってね」と最後に言ってくれました。


5人とも両手でしっかり握手してくれ、しっかり眼を見て話を聞いてくれました。

口先だけじゃない、本当に温かい言葉をかけてくれました。

もう、しばらくは涙が止まらない。放心状態。

玄関手前のドアのところで、なんとキャンディのお土産もいただきました。

あの一昨年の紅白初司会の時に嵐さんが特注したお店のものでした。

現在、神棚に上がっております(笑)

 CIMG0485.jpg


 CIMG0486.jpg




バスに乗り込んだのが午後8時頃。皆さんまだ夢の中気分で七ヶ浜国際村を出発。

帰りは一関ICまで東北道で来たので、予定より1時間早い午後10時に陸前高田に到着。

そこから再び峠越えをして23日午前0時半頃自宅に無事到着しました。

帰りのバスの中で娘に聞いたところ、

おーちゃんには「怪物くん見に行きました」と言ったら「おお、ありがとう」と言われて心臓バクバクだった。

翔くんには「楽しかった?気をつけて帰るんだよ」とニコッとしてくれた。

そうです

ようやく逢わせてあげる事が出来て、本当に良かった。

あの地震の時に1人で家にいて怖くてもがんばったから、嵐からのご褒美なんだよ。



4日経った今でも夢のような気分。

嵐さんからこんなプレゼントを貰ったんだから、がんばっていかなくちゃ。

そして、一緒に喜んでくれた嵐友さん、ありがとう。

駐車場を貸してくださったり、みんなの応援があったからこそ楽しめた番協でした。

いつもありがとう。

でも、ただ喜んでいるだけじゃなくて、収録場所へ行く時のルート、どうして沿岸部を通ったのか。

早く行くためなら、何も帰りのルートと同じように東北道を使えば良かったのに。

わざわざ沿岸部のルートを選んだのにも、訳があると思います。

今回初めて5人で被災地入りした嵐さん。

思い出したくない出来事だったけど、しっかり考えていかなくてはいけないことだと

嵐さんからのメッセージをもらった気がします。




以下、拍手コメントのお礼です。


みえこ・Sさんへ

お久しぶりです!
パソコンの調子が悪くてなかなかメールも出来なくてすみません(汗)
なんとなんと、信じられないことに番組観覧に当選して行って来ました。
顛末はご覧の通りです(笑)
とても素敵な彼らでした。もう今思い出しても泣けてきます。
これから翔くんのドラマが2本あるし、春から智くんと相葉ちゃんのドラマが
始まるのでアラシックは忙しい日々が続きます。
海外でのアラシゴトは大変でしょう。
少しでもお手伝いが出来るかな?
コメントありがとうございました!


鍵コメKさんへ

番協、本当に楽しかったですね。
予想していたより大人数だったのでお逢いできなくて残念でした。
私も全然言葉が出てこなくて…
考えていても、あの5人を目の前にしたらダメでしたね。
お互いにお疲れ様でした!
コメントありがとうございました!





スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。