FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_03
03
(Sat)16:17

FM岩手3月3日特番レポ①

Category: 嵐ゴト
今日は桃の節句、雛祭りですね~

でも我が家では猫たちのために雛人形は飾れません

頭のいい三毛猫ふくちゃんだけだった時は、実家から七段飾りも持ってきて
飾れたけど、現在は無理だ…

きっと人形の首がもげる。(←あ、「もげる」って方言かな?取れるね)

そんな今日も嵐さん特番がありました。

今日の担当は大野くんと潤くん、じいまごコンビです。




松本くん「FM岩手をお聴きの皆さん、こんにちは。嵐の松本潤です」
大野くん「大野智です」
じいまご「どうも~こんにちは~」
松本くん「今回は僕たち2人でお送りさせていただきます」
大野くん「そして岩手の皆さんにお知らせがあります。僕たち嵐のメンバーは昨年3月11日の
     東日本大震災以降、ラジオを通じて僕たちの声や音楽をお届けすることで、少しでも
     皆さんの力になれればと思いこの特別番組を続けてきましたが、今回、1年をひとつの
     区切りとして次回の放送で最終回を迎えることになりました」

松本くん「1年経った今も、まだまだ震災の影響が続いていると思いますが、これからも僕たちは
     皆さんに元気を届けられるようにがんばっていきたいと思っています」

大野くん「というわけで、今回を入れてあと2回の放送になりますが、今日は3月3日、雛祭りで
     女の子のお祭りの日ですね」

松本くん「そうですね」
大野くん「楽しくお送りいたしましょう」
松本くん「はい。このラジオは次回で終わってしまいますが、今まで通りいろんな活動を通して
     皆さんに元気を与えられたらと思ってるので、僕らもがんばっていきたいなと思っている
     次第でありますね!大野さん」

大野くん「はい!がんばりましょう」
松本くん「久しぶりですね」←なんか、とてもうれしそうな声…(笑)
大野くん「(笑)久しぶりですね」
松本くん「ホントです。僕、3カ月振りぐらいですから」
大野くん「忙しいからね」
松本くん「いや、まあちょっとドラマ撮ったりとかしてましたんで。まあ、今日はその話も
     したいなと思っております」

大野くん「はい~」
松本くん「では早速、今日はこの曲からスタートです。嵐うほうほさんからリクエストいただき
     ました。嵐で『ワイルドアットハート』」



ワイルドアットハート~~♪


松本くん「来週の水曜日リリースですね。嵐で『ワイルドアットハート』聴いていただきました」
大野くん「この曲、あれですよ。松潤のドラマ『ラッキーセブン』の主題歌になってますけど」
松本くん「そうですね」
大野くん「どんな感じですか?」
松本くん「収録ですか?もう後半戦ですし、あさってが8話放送ですから本当に佳境ですか。
     まあ、現場は楽しいっすね」

大野くん「何やってんの?前室とか」
松本くん「何やってるかな。みんなで喋ってますけどね」
大野くん「ほう」
松本くん「それこそ年齢も幅広いですし、男女それぞれいるし、スタッフの人とか含めていろんな話
     してますね」

大野くん「いいね」
松本くん「まあ、僕、あと3話くらいですか。で、終わるんで。その後リーダーですよ、4月から」
大野くん「そう。バトンタッチですよ。4月から『鍵のかかった部屋』」
松本くん「どんな話なの?」
大野くん「あのね~…僕は、役は、鍵の仕事をしたかったんだけど、セキュリティ会社に入ってる。
     で、営業とか行かなきゃいけないんだけど、もう自分はそういうのをあんまりやりたくなく
     会社のどっかの倉庫みたいなトコを見つけちゃって、営業行ってるふりして延々鍵のことをやってる」

松本くん「へえ~」
大野くん「で、この鍵が開いたら、この鍵の欠点はどうのこうのっていうのを上の人に一応報告ではしている」
松本くん「ふぅ~~ん」
大野くん「こいつはなんかスゲーから、このままにしておこう的なヤツ」
松本くん「お~、なるほどね。ちょっとみんな一目置いてる的な天才肌な人なんだね」
大野くん「そう」
松本くん「で、その人が何やんの?」
大野くん「ほんで、こう、密室のね、事件が起こるんだけど」
松本くん「毎回?」
大野くん「そう。それが他殺だと、なんか僕が全部解いちゃうんですよ」
松本くん「謎解きなんでしょ?」
大野くん「謎解きです」
松本くん「で、大野さんは、その鍵担当ってこと?じゃなくて、その事件も鍵を解くことをきっかけに
     いろんな事件の内容も全部自分が解いてしまう」

大野くん「解いちゃうの。密室で破れない事件はないって言ってる、僕(笑)」
松本くん「ふふふふ…言ってるんだ」
大野くん「言ってる」
松本くん「へえー(笑)」
大野くん「そう。分かるかな?」
松本くん「いや、全然分かんない」←え(爆)
大野くん「分かんない?」
松本くん「まあ、乞うご期待ってことでいいかな?」
大野くん「乞うご期待。まだね、これからだから」
松本くん「そうだよね。…ということで、岩手の皆さんからのメッセージご紹介していきたいと思います。
     ではリーダーから」

大野くん「はい。ラジオネーム まなみさん から」
松本くん「ありがとうございます」
大野くん「突然ですが質問です!もしも皆さんが1日だけ女子高生になれるとしたらどうしますか?
     私は現在高校生なのですが、とてもじゃないけど女子高生らしくない生活なのです」

松本くん「なになに?」
大野くん「私のイメージは学校終わって部活したり、みんなでガールズトークしたり。でも、実際の私は
     部活漬けで休みは家で寝てしまうんです。嵐の皆さんの女子高生ライフを教えてください」

松本くん「いやいや(笑)俺ら、女子高生じゃないから」
大野くん「ふふふ。なるほど。何やってるんだろうね、部活ね」
松本くん「何だろうね、結構動く部活なんだろうね。運動系なのかな」
大野くん「疲れちゃうんだろうね」
松本くん「まあ、それだけ一生懸命、日々生活してるってことだと思いますけどね」
大野くん「そうだよね。いいっちゃいいけどね」
松本くん「いいんじゃない。まあ、ガールズトークしたりするのもいいし、遊びに行くのもいいけど
     一生懸命できることがあるって言うのは、いいことだと思いますよ。
     女子高生になれるとしたら、何やりますか?俺、何やるかな…」

大野くん「何やるんだろ」
松本くん「俺、東京の話だけど、109行きたいね」
大野くん「あー…行ったことないわ、俺」
松本くん「ないでしょ?」
大野くん「うん。入れないでしょ」
松本くん「女の人ばっかだからね」
大野くん「別に男の人入ってもいいの?」
松本くん「入れる、入れる。もちろん」
大野くん「…そっか(笑)でも無理だ」
松本くん「何で、何で?」
大野くん「(笑)いやいや、入りづらいから」
松本くん「いや、まあ、入りづらいし…」
大野くん「カップルとか」
松本くん「まあ、カップルもいるだろうし、男の人もいるんじゃない?今」
大野くん「うん…」
松本くん「と思うけどね。ま、でも女子高生とかじゃないと、僕は行けないかなと思うんでそういうトコ
     行きたいですね。あとね、プリクラとか撮りたいです、久しぶりに」

大野くん「あーいいね。最新のね」
松本くん「そう。すごいんでしょ?今」
大野くん「目でっかくしたり」
松本くん「目でっかくしたりできるってやつ、あったじゃん」
大野くん「うん。あった」
松本くん「そういうことやりたいな」
大野くん「いいね」
松本くん「おじさんは?」←∑((((((゚д゚;ノ)ノ!!
大野くん「ぷっ…おじさんだけど…俺は、やっぱあの~ガングロになりたい」←Σ(-∀-;)エエッ!!!
松本くん「いや、もう十分すよ」←即答
大野くん「違う、違う。ギャル」
松本くん「それやってどうすんの?やったことで目標は達成されるわけ?」
大野くん「達成される。それで電車乗りたい」
じいまご 爆笑(*´▽`)*´▽`)*´▽`)
松本くん「電車の中に何があるんだろう。乗ったところで」
大野くん「どんだけ見られるのかなって」
松本くん「まあね~確かに乗ってたら見ちゃうじゃん」
大野くん「見ちゃう、見ちゃう。だから。注目されるの」
松本くん「ガングロね~」
大野くん「うん。それやりたい(笑)」
松本くん「…もう1枚いきますか。ラジオネーム ゆうちゃん です。最近はたくさん雪が降って雪かきが
     大変な毎日が続いています。でも雪が降って大変なことばかりではありません。この時期、雪祭り
     があるので雪像作りにはもってこいなんです。冬の花火もあり、とても綺麗です。
     そこで、嵐さんに質問です。雪国に来てやってみたいことはありますか?ちなみに私はスキーが
     好きなのでスキー場で流れて欲しいノリノリな1曲『きっと大丈夫』をリクエストします、という
     ことです。やってみたいこと」

大野くん「ゆきぐに…」
松本くん「俺はね~かまくら作りたい!」←あら、かわいい
大野くん「あーいいね。あれ、あったかいんだよね」
松本くん「そう、すげーあったかいんでしょ、あれ。あれってさ、やっぱ東京じゃ作れないじゃない。
     どんなに東京が雪降るって言ってもさ、東京の雪の固さ、残ってるね、降って積もってさ。
     残った雪で作ろうと思っても氷っぽくなるじゃん、東京の雪だと。だからやっぱ作れない
     んですよ、東京だと」
←挑戦したことあるんだね
大野くん「確かに」
松本くん「だからね、作ってみたいね。その中でご飯食べたりしたいね」
大野くん「鍋食いたい」
松本くん「でしょ。そう、そういうことやりたいな~俺。でも、今聴いて頂いているリスナーの方とかは
     岩手出身だと皆さん作ったことがあるのかもしれないですけど」
←ありまっせ(・∀・。(-∀-。)ウン♪
大野くん「俺は…雪像作りかな」
松本くん「やってみたい?」
大野くん「うん」
松本くん「それはどっち?手作り?それとも機械みたいなの使ってやりたい感じ?」
大野くん「いや、手作りで」
松本くん「手作りで。何かイメージあるの?」
大野くん「なんだろうね~でも、人だね」
松本くん「ほぉ~人」
大野くん「うん。難しいと思うけど」
松本くん「そういうのやったことないの?雪でとかさ、氷でとかさ」
大野くん「いや、雪とかではないけどね。でも、粘土でやったことあるから」
松本くん「人を?」
大野くん「そう」
松本くん「まあ、顔作ったりとかしてたよね」
大野くん「巨大なのやったことないけどね」
松本くん「まあ、でもそういうの見てみたいよね。リーダーがやるの」
大野くん「それやってみたい」
松本くん「雪かきね、皆さん大変だと思いますが、はい。じゃあ、ここでノリノリな1曲リクエスト
     きてるんで、聴いていただきましょうか。ゆうちゃんのリクエストで、嵐で『きっと大丈夫』」



きっと大丈夫 ~~♪♪



いや、マジで、ほんと。
おーちゃん、来年の小岩井雪祭りで雪像作ってほしいな。
寒くてここ数年行ってないけど、おーちゃんの雪像があるんだったら毎日でも行くから

続きまーす


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

パスワードを入れておくと後で編集できます

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。